待機中は何をしている?

現在デリヘルで人気となっている個室待機ですが、個室の中ではどのようにして過ごしているのでしょうか。テレビやパソコンが用意されているのであれば、テレビを観たりネットをすることで時間を過ごします。また、DVDを鑑賞しても良いでしょう。デリヘルの用意した雑誌やマンガを読んで過ごすことも出来ます。さらに、近年は待機部屋の中にWi-Fiが飛んでいるので、自分のスマートフォンでゲームを楽しむ女性も少なくありません。

そのほかに、接客終わりでメイクの崩れた女性はメイク直しをしています。メイクが崩れたままではお客さんに対してマイナスイメージになってしまい、次回に指名されなくなる可能性もあるのです。

基本的に騒音などで周囲の女性に迷惑をかけなければ、個室内で何をしていても問題ありません。そのため、普段大学に通っている女性はレポートを進めることも出来ます。食事をしても問題ありません。

また、デリヘルはハードワークであることから、仮眠を取っている女性も見られます。集団待機ではそこまでリラックス出来ませんので、個室待機は体力に自信の無い女性にもおすすめなのです。さらに、デリヘルは24時間営業が可能ですので、深夜帯は仮眠を取る女性が少なくありません。

個室待機の待遇・設備

周囲に気を遣わずに済む個室待機ですが、個室内にはどういった設備があるのでしょうか。多くのデリヘルの個室にはデスクが置かれており、そこにはパソコンやテレビなどが設置されています。そのため、退屈することはありません。また、デリヘルによっては女性が快適に待機出来るようにファッション雑誌やマンガ雑誌などを置いています。さらに、フリードリンクやお菓子のサービスがあるデリヘルも少なくありません。

また、待機部屋で注意したいのはセキュリティでしょう。いくら個室待機だったとしても、個室内に貴重品を置いたままにして仕事に出ることは危険です。そのため、鍵付きのロッカーを完備した個室であれば安心出来るでしょう。デリヘルで働く女性の中には本業の帰りにアルバイトとして働く方も少なくありません。そのため、会社の書類などを持ったまま働くこともあるのです。そこで書類を紛失してしまうと大きなトラブルになってしまいます。また、鍵付きのロッカーが無かったとしても、スタッフが貴重品を預かってくれる場合もあります。

また、個室は個室でも熟女家十三店の風俗求人のようにしっかりと分煙されているところを選びましょう。煙草の煙はトラブルの元にもつながります。分煙されていることで吸う人、吸わない人、どちらもストレス無く待機出来るのです。

集団待機と個室待機

デリヘルで働くのであれば、まずは体験入店から始めるものですが、そこではプレイ内容だけでなく待機部屋も重要なチェックポイントです。待機部屋はその日に出勤している女性が待機する場所ですが、大きく二種類に分けることが出来ます。

集団待機と個室待機に分けられており、これまでのスタンダードは集団待機でした。集団待機とはお店の用意した大きな部屋の中に複数の女性が一斉に待機するシステムです。常に周囲に女性がいる存在であることから、常に気を遣う必要があります。さらに、プライバシーの面も気になってしまうでしょう。そのため、集団待機は減少傾向にあります。

逆に個室待機とはパーティションやカーテンなどで仕切られた個室が用意されており、出勤している女性のそれぞれが個室で待機をします。これはネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。個室待機は周囲の目がありませんので、集団待機のように気を遣う必要がありません。さらに、プライバシー面でも安心です。

また、仕事終わりは疲れているので横になってノンビリしたいものですが、周囲に人がいるとそこまでだらしない姿を見せられません。しかし、個室待機であればリラックスして疲れを癒すことが出来るのです。

風俗求人だけではわからない待機室

デリヘルのアルバイトは高収入で好待遇といった魅力がありますが、特殊な仕事内容であることから未経験者は知らないことも多く、不安があるかもしれません。そのため、なるべくお店の雰囲気を知っておくために体験入店という方法があります。

この体験入店ですが、サービス内容だけをチェックするものではありません。それ以外にもチェックすべき項目があるのです。それは、待機部屋の雰囲気や居心地についてです。お店のスタッフさんや、お客さんの層なども知っておきたいものですが、こういった設備関連も重要なのです。

デリヘルは無店舗型ヘルスにあたり、お店がプレイルームを用意していません。実際にプレイをする場所はラブホテルやお客さんの自宅になります。そのため、お仕事を待っている女性は、お店が用意した待機部屋で待機をしなければならないのです。忙しい時期や、指名で自分の枠がすべて埋まるというデリヘル嬢であれば、待機部屋に居る時間はあまり長くなりませんが、どうしても暇な時間帯には、待機部屋で長い時間を過ごす必要があります。そのため、居心地の良い待機部屋を見つけることは長く勤めるためのポイントだと言えるでしょう。体験入店では必ず待機部屋の雰囲気や居心地も見ておきましょう。

このサイトではデリヘルの待機部屋についてのチェックポイント、過ごし方などを説明いたします。風俗求人に応募をする前に必ず目を通しておきましょう。待機部屋によって働きやすさは大きく変わるものです。