集団待機と個室待機

デリヘルで働くのであれば、まずは体験入店から始めるものですが、そこではプレイ内容だけでなく待機部屋も重要なチェックポイントです。待機部屋はその日に出勤している女性が待機する場所ですが、大きく二種類に分けることが出来ます。

集団待機と個室待機に分けられており、これまでのスタンダードは集団待機でした。集団待機とはお店の用意した大きな部屋の中に複数の女性が一斉に待機するシステムです。常に周囲に女性がいる存在であることから、常に気を遣う必要があります。さらに、プライバシーの面も気になってしまうでしょう。そのため、集団待機は減少傾向にあります。

逆に個室待機とはパーティションやカーテンなどで仕切られた個室が用意されており、出勤している女性のそれぞれが個室で待機をします。これはネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。個室待機は周囲の目がありませんので、集団待機のように気を遣う必要がありません。さらに、プライバシー面でも安心です。

また、仕事終わりは疲れているので横になってノンビリしたいものですが、周囲に人がいるとそこまでだらしない姿を見せられません。しかし、個室待機であればリラックスして疲れを癒すことが出来るのです。